自己処理で肌にキズをつけない為には!

女性の場合は男性のようにヒゲが生えることはありませんが、人によっては濃い毛が数本生えたり産毛が濃くなることがあります。

 

これは珍しいことではなく、ホルモンバランスの影響で濃くなることがあるんですよ。

 

ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンが増えて産毛が濃くなってしまいます。

 

なので、濃くなってしまった産毛が口の周りに生えているとヒゲのように見えてしまうので、処理の回数も増えてしまいます。

 

自己処理でキズを付けないポイントをお話したいと思います。

 

まず、肌を清潔な状態にして処理しますが、直接剃るのではなくシェービングローションなどをつけて肌を保護します。

 

剃り方も重要で、毛の生え方に沿って剃るようにし逆さ剃りをしてはいけません。

 

そして、剃った後は保湿しましょう。

 

肌が乾燥すると荒れやすくなるので化粧水などをつけて念入りに行うことが大切です。

 

自己処理なら顔脱毛も安くできますがキズをつけてしまうことがあるので気をつけたいですね。

 

一般的にカミソリを使う人が多いようですが、肌にキズをつけにくいカミソリや電気シェーバーがお勧めです。

 

もし、電気シェーバーを選ぶなら水洗いが出来るものを買ったほうが手入れも簡単にすみますよ。